アルコールストーブはじめました。

なかなか面白い。

 

最近キャンプツーリングのことばかり考えてて、

軽量化だのメスティンでの炊飯だの、このブログでも連日話題にしてるけれど、今回もそんな話。

 

ついに軽量なストーブに手を出した。

 

だいぶ前のキャンプでばば君が、去年のなかよしキャンプでイトーオットさんが使ってたのを見たくらいで、あまりなじみの無いアイテムではある。

 

まずは既製品を買うのがセオリーってもんだろうか。

トランギア、エスビット、エバニュー、バーゴ・・・

各メーカーがいろいろ出してるけど、基本的な構造はそんなに変わらないらしい。

でも、どれも数千円はする。

 

買っても良いんだけど、ちょっと悩む所。

ふと、イトーオットさんがアルミ缶で作ったやつを持ってたなぁ、と思い出す。

 

そうだ、僕も作ってみよう。

 

というわけで、手頃なジュースを買って、手頃なストーブを作る事にした。

 

 

以下、制作記(写真多め)

 

近所のスーパーで安かった250mlのジュース。2缶用意。

15.2.17 01

 

1つ目の缶の底に均等に印を付けて

15.2.17 02

 

 

キリなり何なりで跡をつける。

15.2.17 03

 

ドリルで穴をあける。(これがジェット孔と呼ばれる火の吹き出し口になる。今回は1.5mmであけてみた)

15.2.17 04

 

コンパスカッターを使って缶の底に穴をあける。(この為にわざわざコンパスカッターを購入。穴の大きさで使い勝手とかいろいろ変わるらしい)

15.2.17 05

 

ころん。

15.2.17 06

 

塗装を剥がす。

15.2.17 07

 

はがす。(ちなみに、中身を飲む前にやった方が楽)

15.2.17 08

 

適当な高さにカッターでスジをつけて切る(切るというより跡をつければそこから綺麗に裂ける)

スジは、カッターの刃をどこかに固定して空き缶を押し付けながら回す。

15.2.17 09

 

もう1缶は穴とかあけずに切るだけ。

15.2.17 10

 

下側になる方(塗装を剥がしてないほう)をすこしペンチで加工。

15.2.17 12

 

余ってる缶で内筒を適当に作る。(大きさは底の丸いドームの径くらい、高さは上下の缶の高い方=7mmくらいが丁度良いらしい)

下側に3ヶ所程三角の切れ込みを入れる。

15.2.17 13

 

 

組み合わせる。

15.2.17 14

 

押し込む。

15.2.17 15

 

完成。

15.2.17 16

 

チャームポイントは下のオレンジの帯。ちょっと切り口とか雑。

15.2.17 17

 

 

燃料用のアルコール買ってきた(飲用不可の劇物)

15.2.17 19

 

少量を中に入れて、いざ点火。

15.2.17 20

 

やっほぃ大成功。

 

というわけで、いきなりアルミ缶バーナーを作成してみた。

一番オーソドックスなタイプを作ってみたけど、結構簡単に出来るもんだなぁ、と驚いた。

小学校時代の夏の宿題で工作は親にまかせ、中学時代は美術の成績2をとって第一志望の高校に落ちた僕が簡単といってるんだから、本当に簡単。手を切る可能性はあるけど。

気になったのは、ちょっと背を高く作りすぎたのと、五徳が無い事。

 

その辺は今後のお楽しみという事にしておこうかな。

アルコールストーブはじめました。” への2件のコメント

  1. 楽しいでしょ!
    何か自分で作ったモノがちゃんと使えるよろこびというか。
    しかし、一作目にしてすでに上手い。というかちゃんとしてるなあ。
    おれはすべて目分量で作ってますw

  2. >>イトーオットさん
    めっちゃ楽しいですね!
    工作は苦手ですし、刃物持てばしょっちゅう手を切るくらい不器用なんですが、今回は手を切る事無く出来ました。
    最初に作ったやつからしっかり使える物を、と思って、ネットで色々調べて綺麗に作ったつもりなんですが、結果としては気に入らないところが結構有りました。。。
    目分量で作れるのは正直羨ましいです。何かと細かい事を気にしてしまう性分なので・・・。

コメントは受け付けていません。