ROAD TO HOKKAIDO(2)〜リアキャリア〜

北海道へ向けて、積載の準備をする日曜日。

 

カフェカブ京都が開催された日曜日。

予定が有って行く事が出来なかった僕は、もうすぐ出発する北海道へ向けての準備をする事にした。

 

課題だったのは、積載について。

 

これまではノーマルキャリアに拡大用のオーバーキャリア(大きい方)を取り付けて、そこに箱やらなんやらを固定してた。

ところが、オーバーキャリアの耐荷重量は15kg。キャンプ旅では、おそらくそれ以上の物を積んでいる。

それが原因だからか、取り付け元になってるノーマルキャリアの一部にクラックが入ってきていた。

hitoshi君も、前にそれが原因でキャリアを換えた、と言っていた。

 

前々から、「プレスカブ用の大型キャリアが欲しい」と思っていて、Twitterで呟いた所、京都のカブ乗りさん「フロクロさん」から、“お譲りしますよー”とのリプライが。

え、マジっすか。

なんでも処分に困っていたとの事。

 

というわけで、若干遠慮しながらも喜んで頂く事にした。

 

で、今朝、着払いで届いた。

15.6.7 01

 

JR伊勢丹の不織布バッグ。

 

中身は当然、プレスキャリア。

多少錆は有るし、箱固定用にあけたであろう穴が数カ所あいてるけど、使用には全く問題無し。

取り付けると、なかなか大きい。

15.6.7 02

 

 

幅はオーバーキャリア使用時とほぼ同じ。前後もほぼ変わらないと思う。

ただ、オーバーキャリアは後ろが細くなってるけど、プレスキャリアは長方形。

補強のパイプもあるから荷物が安定しそうだ。

 

穴の位置がピッタリだからもしかして、と思ったら、ピリオンシートがバッチリ使えた。

15.6.7 03

 

 

プレスカブって50ccだよね。ピリオン使えるようにする必要は無い様な気もするけれど・・・。

まぁ、使えるに越した事ないし、これでノーマルキャリアが不要になっちゃった。

 

というわけで、念願のプレスカブ用大型キャリアゲット。

ついでに、北海道用の装備(の箱だけ)を括り付けてみる。

フックポイントがオーバーキャリアと若干違うので、ベルトを通す場所を色々考える。

今までのコの字のバーだと箱がグニャって曲がってて嫌だなぁ・・・。

ということで箱の後面のフックを2個増やして対応。

あわせてベルトを通す場所を新しく決め直して、積載完了。

15.6.7 04

 

久々のサイドボックススタイル。なかなか良い感じ。

昨年はつけた記憶が無いので、一昨年の北海道以来じゃないだろうか。

このカブらしくない無駄なゴツさが結構すきだったりもする。

 

そのサイドボックスにも少し細工を。

サイドボックスと言っても、別にバイク用ではなくホームセンターで売ってる普通のハードケースなので、蓋が完全に外れる。

開けたらいちいち外れてしまうので、何とかしたかった。

 

電ドリとみんな大好きタイラップを用意して、

15.6.7 05

 

 

穴開けてタイラップ通して、

15.6.7 06

 

じゃ〜ん。

15.6.7 07

 

タイラップを蝶番代わりにしてみた。

もともと蝶番をつけたかったんだけど、付けられそうな物が良く分からなかったので放置してた。

あとは開きすぎ防止のバンドかワイヤーが有ると良いのかもしれないけど、今回はつけない事にした。まぁ、これで十分。

 

 

プレスキャリアが手に入った事で、リアの積載の安定度が格段に上がったと思う。

どうしてもっと早く買わなかったんだろう、って思った。

 

 

3度目の北海道ツーリングまでもう少し。

準備が楽しくて仕方ない。